エロイプに関して、アクセスする人は普通どんなことをしているのか。
そういった気になる点の解消しようと、ここでは、ネットを便利に使って聞き取りをする人をピックアップして、都内にある喫茶店で取材をしました。
一堂に会したのは、定期的にエロイプ上の知り合いと絡んでいる男女五人。
男性陣から順に、リーマンのA、子持ち・バツイチのB、ホストの駆け出しC、女性の方はというと、警備員として働くD、グラドルデビューしたEの2人です。
手始めに、筆者はメンバーに、簡単なアンケートを実施してその回答によって、掘り下げていく形で取材を敢行しました。
筆者「先に、アンケートの回答に、これまで利用してきたエロイプで、関わりを持った男性が二十人以上もいるというEさんの話を聞いていこうと思うんですが、どんな成り行きがあってそこまで多くの男性と?がりを持ったんですか?
E(グラドルになりたて)「わたしは毎日メールする相手を変えていくんです」
筆者「チェンジっていうのは、次の日は別の男性ともう会わないってことですか?」
E「やる気なくなるんです。ついでに、相手なんて他にも他にもいろいろいるだろうから、連絡を切っちゃう。LINEが来ても、エロイプだから相手に限りをつけなくていいって思ってどうでもよくなる」
自由自在なEさんに、「何もトラブルなどはなかったのか」と感心するCさん、Dさん。
そうして、Aさんが衝撃の体験を筆者にさらけ出してくれました。
エロイプで起きている非人道的行為にも、それぞれ違ったやり方がありますが、やはり未成年者に対する体に手を出す行為は、とても重い罰を科してしているです。
エロイプでご対面をした男女が手錠をかけられるのを、ネット上で把握することもありますし、中高生に対しての条例に違反するような出来事を理解したという人も少なくないと思います。
そもそも、こういう不特定多数が利用するところで悪用されていたことが、警察に指摘されるのを怪しいと思う人もいらっしゃるかもしれません。
説明するまでもなく、第三者が個人の情報を知ることは極めて危ない捜査でもあるのですが、警察は安全性を最優先にしつつ、警察としても可能な範囲で、犯罪予告が書かれていたりしないかなど、十分にチェックしているのです。
付け加えるとすれば、見た目は普通の一般人に顔を変え、凶悪事件を見張り続ける者が、今の現代においてはどこにでも存在しているのです。
それ以降、極秘で警視しているエロイプで違法ユーザーに見出したのなら、捜査権限を活用して確証を得たのであれば悪人をエロイプから排除するのです。
「要するに、どのサイトも警察がうじゃうじゃ潜んでいるの?」と不安になるかもしれませんが、そんなことは決してなく、あくまでも凶悪な犯罪者ですから、市民の平和を守るために日々見回りをしているわけです。

関連記事