E「そうね、見て分かるでしょうけどオカマなんでね、出会いはほとんどないから。ハンデがあるからね、勇気を出してエロイプを引っ張り出さないと」
B(せどりで儲けようと画策中)「Eさんの今の聞いて思い起こしてたんですけど」
筆者「うん?どんなことですか?」
B「実は僕、一度だけでしたが、女の人と思ったらオカマだったことありますよ」
混乱するメンバー。
A「俺も覚えある」
B「会っちゃったんですか?僕ぐらいだろうと。サイトの性質上、当たり前ですが、異性との出会いを期待して使い始めたんですけど、待ち合わせ場所決めて、いざ行ってみたら、めっちゃ大きいジム行ってそうなのが来て、ちょっと事態が飲み込めなくて棒立ちしてたら、その男がアポ取った○○さんですか?ユミですって逃げられないようにしてきて」
筆者「女性だと思ったらオカマだった…っていうとひどい感じがしますが、ゲイの罠にはまったとか、会ってみたら予想を大きく超えていた方は、ここではどれくらいいますか?」
挙手を求めると、なんと過半数がそういう経験をした人だと明かしてくれました。
筆者「エロイプ上には、女性を演じる同性愛者やMtFがけっこういるもんですね」
E「当たり前じゃない。じゃないと男性とは出会えないから騙してでもいい人は逃さない。わたしも出会いは欲しいからね」
相当ユニークなメンバーが集まり、終わってからも、ディベートが交わされることになりました。
エロイプ上では、性別を問わず出会いが見つけたいと思っている人たちが最近の風潮として急増しているみたいです。

関連記事