エロイプを働かせる年齢層はその人らしくないですが幅が広く、五十、六十になったとしてもエロイプを役立ている人もいれば、十分とはいえない中学生であるにも拘わらず、年齢が足りている免許証を勝手に利用してエロイプに潜入するような現実的な例もあります。
また、年齢を規定するのはすごく難しい問題になりますが、たしか、具体的な数字になると、子供から高齢者まで程度の人々が、エロイプという大人のやり方を悪用しているのではないかと考えられます。
自明のことだが、エロイプは規則により年齢制限を設けているので、年齢の上に制限はありませんが、制限年齢にひっかかる下限年齢は18歳からという歴然とした決まりがあります。
とはいえ、ワクワク・ドキドキが大好きな世代である十代は、やっぱり言われるまでもなく、アダルティーなムードが出ているインターネットサイトに、自分から行き着いてしまう現状にあるのです。
一番多く利用する年代は青年グループと思われますが、三十代から四十代までの年齢層も多く70代以上の妻がいない男性が行っている際も現実問題として当たり前になっています。
「いやにも、それぞれの広い範囲の年齢層がエロイプを働かせているの?」と大事に感じるかもしれませんが、今までの傾向のように熟年離婚を意識する夫婦が珍しくない現代では、想像より過酷な独りの時間が苦痛で、エロイプに駆け込む自分を許せない年齢層がどうしても世間に膨張しているのです。

関連記事