出会いSNS系のサイトでは常に誰かが見張っている、そんな半信半疑な書き込みを見聞きしたことがある人も、出会い系ユーザーなら知っている可能性が高いでしょう。
基本的に、エロイプ云々以前に、膨大な規模を持つネットでは、殺してほしい人の要望、違法ドラッグの受け渡し、未成年者をターゲットした犯罪、そんな悪質行為が数え切れないほどのサイトで、毎日のようにやり取されているのです。
こんな卑劣行為がお咎めなしになるなど、まずあり得ないことですし、いかなり理由があろうと、より厳罰を科すべきだと言えます。
警察の捜査であれば証拠を掴むことができ、あとは書き込み者の家に出向き、いとも容易く犯人を見つけ、捕まえることができるのです。
「知らない人に情報曝け出すの?」と誤解してしまう人もネット初心者にはいるかもしれませんが、無関係の人には影響を与えず市民の安全を第一に考え、過剰な捜査にならないよう悪意な人を特定するために悪人を探し出しているのです。
こういう情報を見ると、こんな事件や安心して暮らすことができない、最悪な時代になったと悲しんでいるようですが、取締りの強化で大きく減少した事件もありますし、18歳未満の犯罪被害もかなりマシになったのです。
掲示板なども、不眠不休で、警備者が注視されているのです。
最後に、これ以降も悪質者の逮捕にさらに力を入れて、ネット内の治安を乱す行為は下降傾向になるだろうと発表されているのです。

関連記事