D(キャバクラで働く)「ブランドのカバンとかお願いしたら楽勝ですよね。あたしもそうなんだけど、数人別々にいっしょのバースデープレゼントねだって自分のプレゼントとあとは質屋に流す」
筆者「えっ?お客さんの気持ちは買取にだすんですか?」
D(ナイトワーカー)「それでもふつうはそうでしょう?もらっても案外場所取るし、旬がありますし、物を入れてバッグにも悪いし」
E(十代、国立大の女子大生)受け入れがたいでしょうが、Dさん同様、私もトレードしますね」
C(銀座のサロン受付担当)「エロイプを通してそこまでお金儲けしているんですね。私はまだまだプレゼントなんてもらいませんでした」
筆者「Cさんにもっと聞きたいですね。エロイプを使ってきたなかでどんな人と絡んできたんですか?」
C「高級品を送ってくれる男性はいませんでした。共通してるのは、イケてない感じでおしゃべりなんて問題じゃないんです。わたしに関しては、エロイプとはいえ、まじめな出会いを求めているので、利用していたのにいきなりセックスするのはムリですね。
筆者「エロイプを利用して、どんな出会いを知り合いたいんですか?
C「要求が高いかもしれないですけど、医師免許のある人とか法律関係の方とか国立大いるような出来のいい人を探しています。
E(国立大に通う)わたしも、今国立大で勉強中ですけど、エロイプだって、出世しそうなタイプはいる。かといって、根暗なイメージです。」
エロイプに関しても、趣味や嗜好に偏りの激しい男性を嫌う女性がなんとなく優勢のようです。
クールジャパンといって抵抗がなくなってきているかの日本でも、まだオタクを恋愛対象として感覚は至っていないようです。

関連記事