エロイプを利用しだしてからアクセスする人は何を求めてどうなっているのか。
気になる疑問を答えを求めてそこで、ネットを活用してインタビューする人を集め、東京のとある喫茶店でインタビューを行いました。
招待したのは、常習的にエロイプに知り合いと絡んでいる男女五人。
男性から紹介すると、会社勤めのA、離婚後は男手一つで子どもを育てるB、ホストとしてまだ駆け出しのC、女性の方は、警備員として業務にあたるD、グラビアアイドルの卵Eを含む2人です。
あらかじめ、筆者は五人のメンバーに、質問表に記入してもらい、その答えについて、話を膨らませていくスタイルでインタビューを進めました。
筆者「これからのことですが、調査表に、これまでエロイプを通して会った男性が何十人もいるEさんに質問なんですが、どんな過程を経て二十人を超える異性と交渉を持ったんですか?
E(駆け出しのグラドル)「わたしの方式ですが、日によって相手を変えるんです」
筆者「毎日違うってことは、毎回違う男性と会うってことですよね?」
E「意欲がなくなるんです。ほかにも、別の人でいい人いるに決まってるからLINEもブロックして。しぶとく連絡来ても、ネットなので、相手を限定しなくていいって思ったら2回も会うことないし」
Eさんの奔放な使い方に衝撃を受けて、「そんなに会えるものなんだ」と反応するCさんとDさん。
そしてその後に、Aさんがセンセーショナルな話を筆者に教えてくれました。

関連記事