この前の記事の中では、「エロイプでやり取りしていた相手と、楽しみに会いに行くと犯罪者だった」となってしまう体験をした女性がいましたが、女性が嫌になると思うでしょうが、その男性と終わるどころか付き合う事になったのです。
本人としては、「男性が怪しそうで、断る事も恐ろしくなり恐る恐るついていくことにした」ということですが、本当はそれだけの理由ではなく、その女性も少しは魅力を感じていてそのまま一緒にいった所もあったようです。
その彼がどういった罪だったかというと、刃渡りも結構長い刃物を使って本当の親を刺している訳ですから、危険だと考えるのが当然かも知れないと多くの人は考えるでしょうが、実際に話すと温厚そうな人で、優しい部分も色々とあったので、警戒しなくても大丈夫だと思い、付き合う事になったということでした。
その後の関係がどうなったかというと、やはり男性のことが怪しく思えるときがあったので、気付かれないように家を出て、二度と会わなくて済むようにしたと本人は言っていました。
一緒の部屋にいるだけなのに常にナーバスになっていたので、一緒に同棲していた家から、本当に逃げるような状態で出てきたという話をしていましたが、どうやら一緒にいると恐怖感が強かっただけでは済まなかったようで、自分が納得できないとなると、話すより手を出すようになり、暴力でどうにかしようという態度をとる事があったから、お金が必要になると渡してしまい、それ以外にも様々な事をして、その男性との生活は続いていたのです。
エロイプに関して、ユーザーの普通どんなことを求めているのか。
そういった疑問に答えを見つけようと、こうしてネット上で調査員をそろえ、都内にあるカフェでインタビューを実施しました。
呼び寄せたのは、定期的にエロイプのアクセスするか、といった感覚の男女五人。
男性の方は、フルタイムのA、子どもがいて離婚歴のあるB、新人ホストC、女性の方はというと、警備員の仕事をしているD、グラドルを始めたばかりのEの2人です。
事前に、筆者は集まってくれた五人に、アンケートを行って、その回答について、テーマに取り上げてインタビューを進めました。
筆者「これからのことですが、アンケートの紙にこれまでエロイプによって交流した男性が、かなりの数に上るEさんの話を聞いていこうと思うんですが、どんな成り行きがあって二十人を超える異性と出会ったんですか?
E(グラビアアイドルの卵)「わたしのスタイルなんですが、毎日別の相手とメッセージのやり取りを始めるんです」
筆者「日替わりってことは、一回会った異性とは違うって意味ですか?」
E「もういいかなって。あとはですね、もっと別のカッコいい人いるっしょって、連絡を切っちゃう。向こうが会いたいとか言ってきても、エロイプだから男なんていくらでもいると思ったら連絡切っちゃう」
自由自在なEさんに、「どうしたらそんなに会えるのか」と圧倒されるCさん、Dさん。
そしてその後に、Aさんがセンセーショナルな話を筆者に教えてくれました。

関連記事