エロイプをはじめとする出会いのためのコンテンツを利用する人々に話を訊いてみると、ほとんどの人は、人肌恋しいと言うだけで、つかの間の関係を持つことができればそれで構わないと言う見方でエロイプにはまっていってます。
要するに、キャバクラに行くお金を節約したくて、風俗にかけるお金もケチりたいから、お金の要らないエロイプで、「手に入れた」女性で安上がりで間に合わせよう、とする中年男性がエロイプという道を選択しているのです。
そんな男性がいる中、女の子サイドは少し別の考え方をしています。
「どんな男性でもいいから、料理ができてお金がある人を彼氏にしたい。エロイプに手を出しているおじさんは皆そろってモテないような人だから、中の下程度の自分でもおもちゃにできるようになるに決まってる!可能性は低いけど、カッコいい人がいるかも、気持ち悪い人は無理だけど、イケメンだったら会いたいな。女性の半数以上がこのように考えています。
理解しやすい言い方だと、女性は男性の顔面偏差値かお金がターゲットですし、男性は「低コストな女性」をゲットするためにエロイプを働かせているのです。
いずれも、できるだけ安くお買い物がしたくて出会おうとしているようなものです。
そうやって、エロイプにはまっていくほどに、男は女を「売り物」として価値付けるようになり、女も自らを「商品」としてみなしていくように変わっていってしまいます。
エロイプを活用する人のスタンスというのは、女性を確実に意志のない「物」にしていく類のアブノーマルな「考え方」なのです。

関連記事