本日聴き取りしたのは、言うなら、以前よりゲリラマーケティングのバイトをしていない五人の男子学生!
駆けつけたのは、メンズキャバクラでキャストとして働くAさん、男子学生のBさん、売れっ子クリエイターのCさん、芸能プロダクションに所属していたはずのDさん、芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「最初に、取りかかるキッカケから聞いていきたいと思います。Aさんは後ほどお願いします」
A(メンキャバ就労者)「ボクは、女性の気持ちが理解できると考え始めたいと思いました」
B(男子大学生)「オレは、ボロ儲けできなくてもいいと考える間もなく始めましたね」
C(歌手)「おいらは、シャンソン歌手をやってるんですけど、まだ新米なんで一切稼げないんですよ。有名になる為には小規模な所からこつこつ下積みすると良いらしいんで、、こんなことやりたくないのですが、しばらくはアンダーグラウンドな経験をしようと思って」
D(某タレント事務所所属)「俺様は、○○ってタレントプロダクションでミュージシャンを目指しつつあるんですが、一度のステージで500円だけしか頂けないんで…先輩に教えていただきサクラのバイトを嫌々やってるんです」
E(若手芸人)「現実には、うちもDさんと近い状況で、1回のコントでほんの数百円の極貧生活してるんです。先輩から紹介を受けて、ゲリラマーケティングのアルバイトをすべきかと悩みました」
意外にも、五人中三人ものメンバーがタレントプロダクションに所属しているという貧相なメンバーでした…、だが話を聞いてみるとどうも、五人にはサクラ特有のおもしろエピソードは無さそうでした…。
エロイプを毎日のように見ているという人を簡単に言うと、孤独を感じる毎日を送っている人で、相手に対してはおろか自分にも、そこに人間的な興味を持つことができないという淡白な性質があります。
よくエロイプサイトを利用している人については、恋愛という問題以前として、すさんだ家庭で育ってきていたり、普通の友人関係すらもまず維持できないという人格を持っているのです。
そのタイプの人については、関係のない人が見ると、ただの平凡な人であり、特に不安などは何もないように思われがちなのですが、そう感じるのは部外者だからなのです。
人間関係それそのものを恐れるというのが最初の反応で、それが家族であっても、友人とのつながりであっても、職場にいる人との関係も、恋愛関係を持つにしても、長く続けようともせず、過去の経験から無意識に異性を遠ざけている、といった過去を持つ人が相当に存在しているのです。
そういった人格を持つ人たちが感じる中では、エロイプという空間は唯一気楽でいられるところなのです。
エロイプサイトの中での関係は、長続きすることは珍しいのがよくある例だからです。
全体で半数以上が、一時的な相手という関係しか得られないことばかりなので、新たな面倒も起こらず、やりたいことは一つですから関係も長くは続きません。
エロイプという場所につい熱中するという人は、人間関係を築き上げるということを別世界の話と思っている人で、信用できるような誰かを見つけることができれば、エロイプの利用からは離れていくことになるのがほとんどのようです。

関連記事