D(キャバ嬢)「ブランド物のバッグとか、欲しいって言ったら簡単にくれますよね。わたしってば複数まとめて同じもの欲しがって1個以外は売却用に分けるよ」
筆者「うそ?お客さんの気持ちは買取にだすんですか?」
D(ホステス)「ってか、大事にもらっとくワケないです。ワードローブに並べたって邪魔になるだけだし、流行遅れにならないうちに物を入れてバッグは使うものなので」
E(十代、学生)聞きたくないことかもしれませんが、Dさん同様、私も買取にだしますね」
C(銀座のサロンで受付を担当している)ネットの出会いでそこまで稼げるんだ…私は一回もブランドのバッグなんてねだったこともないです」
筆者「Cさんの体験談を詳しく聞きましょう。エロイプを使ってどんな目的の男性を交流しましたか?
C「ブランド品なんて誰もからももらってないです。多くの人は、気持ち悪い系で本当の「出会い系」でした。わたしの場合、出会い系を利用して恋活のつもりでメッセージ送ったりしてたのに急に下品な話を出されてげんなりしました。
筆者「エロイプ上でどんな異性と探しているんですか?
C「夢を見るなってなんですけど、医師免許のある人とか法律関係の方とか国立大学にいるような出来のいい人を探しています。
E(国立大に在学中)わたしも、国立大で勉強していますが、エロイプを見ていてもプーばかりでもないです。ただ、ほとんどはイマイチなんです。」
エロイプでは、オタクへの抵抗を感じる女性はなんとなく人数が多いみたいです。
サブカルチャーに広まっているかに思われがちな日本でもまだ個人の好みとして感覚はもののようです。

関連記事