エロイプで法に反する行為にも、小さいものから大きいものまでありますが、特筆するのは幼児への悲しい事件であり、他の犯罪以上に厳しく注視されているのです。
エロイプで顔見知りになった男女が取締まりを受けているのを、周囲の会話でたびたび目にすることもありますし、子供に対する極悪非道な大事件をどこかで知った人も少数ながらいるかもしれません。
ただ、あまり目に付かないような場で依頼されていたことが、警察は取り締まることができるのかを変に思う人もいるかもしれません。
今更ながら、個人情報は決して侵害してはならず、極めて危ない捜査でもあるのですが、警察は法律に背かないように、毎日のようにエロイプ内での、悪質ユーザーを捕まえられるように、十分にチェックしているのです。
そして、このような場所で自ら偽装をして、バレないように捜査を続ける存在が、一見するとあり得ないように思えることが、膨大に存在するわけです。
そうして、治安維持に努めているエロイプで犯罪を行った者を特定した場合には、1つ1つの情報を精査し住所を特定して、フィニッシュへと挑むわけです。
「でも何だか、悪いことをしていないのに警察が監視しているの?」と戸惑ってしまうかもしれませんが、警察も権力を乱用することはなく、あくまでも凶悪な犯罪者ですから、善良なユーザーを守るために必要最低限の捜査に留めているのです。

関連記事