出会えるサイトを利用する人々に話を訊いてみると、大方全員が、ただ人恋しいという理由で、短い間でも関係が築ければ、別に構わないと言う捉え方でエロイプに登録しています。
わかりやすく言うと、キャバクラに行くお金をケチりたくて、風俗にかける料金も節約したいから、無料で使えるエロイプで、「ゲットした」女の子でお得に間に合わせよう、と思いついた男性がエロイプという選択肢ををチョイスしているのです。
それとは反対に、女性サイドは全然違うスタンスを備えています。
「すごく年上でもいいから、何でもしてくれる人を彼氏にしたい。エロイプのほとんどの男性はモテない君ばかりだから、女子力不足の自分でも思い通りにコントロールできるようになるよね…可能性は低いけど、カッコいい人がいるかも、バーコード頭とかは無理だけど、顔次第では会いたいな。このように考える女性ばかりです。
端的に言えば、女性は男性の外見か金銭が目当てですし、男性は「チープな女性」を目的としてエロイプを使用しているのです。
どちらとも、なるべくお金をかけずにお買い物がしたくて出会いを望んでいるようなものです。
結果として、エロイプを用いていくほどに、男性は女を「商品」として価値づけるようになり、女性も自らを「品物」として扱うように変化してしまうのです。
エロイプを活用する人の思考というのは、少しずつ女を人間から「物」にしていくような危ない「考え方」なのです。

関連記事