Webサイトを出会いの場として使っている人達に問いかけてみると、大方全員が、孤独でいるのが嫌だから、つかの間の関係が築ければ別に構わないと言う見方でエロイプを選んでいます。
つまるところ、キャバクラに行くお金を出したくないし、風俗にかけるお金もかけたくないから、料金が必要ないエロイプで、「捕まえた」女性でリーズナブルに間に合わせよう、とする男性がエロイプのユーザーになっているのです。
その傍ら、「女子」陣営では全然違うスタンスを備えています。
「相手が熟年でもいいから、服も買ってくれて料理がおいしい人を彼氏にしたい。出会い系なんてやってるおじさんはだいたいがモテないような人だから、美人じゃない女性でもおもちゃにできるようになるかも!可能性は低いけど、イケメンの人がいるかも、おじさんは無理だけど、イケメンだったら付き合いたいな。女性の100%近くはこのように考えています。
一言で言うと、女性は男性の顔面偏差値かお金が目当てですし、男性は「チープな女性」を目標にエロイプを活用しているのです。
男女とも、なるべくお金をかけずにお買い物がしたくて出会いを望んでいるようなものです。
そして遂には、エロイプを使用していくほどに、おじさんたちは女性を「商品」として見るようになり、女達もそんな己を「売り物」としてみなしていくようになり、変容してしまうのです。
エロイプの使用者の主張というのは、女性を徐々に意志のない「物」にしていくようなアブノーマルな「考え方」なのです。
出会い系での書き込みなどを常に誰かが見張っている、それが当たり前であることを小耳に挟んだ人も、一定数いるかと思われます。
何はさておき、エロイプが真っ先に取り上げられることが多いですが、それはあくまでも一部に過ぎず、無差別殺人の計画、裏ビジネスのやり取り、児童が巻き込まれる事案、そういったことが行われているサイトが、見えないところで行われているケースは多いわけです。
以上のことが野放しになるのは、あまりに不公平ですし、ましてこれらの残虐行為はどんな犯罪もやってはいけないのです。
ちょっとした手掛かりを1つ1つ吟味することで、誰が行ったのかを知ることができ、もし滞在しているのであれば違反者をみつけだせるわけです。
自分の情報がと身震いしてしまう人も少数ながらいるようですが、無関係の人には影響を与えず絶対に侵食しないようにし、過剰な捜査にならないよう入念な対策を行い犯罪者を特定するわけです。
大半の人は、大きなショックを受けた、日本は怖い国になってしまった、これからの未来が不安だとネガティブに捉える人もたくさんいるようですが、そもそも昔から凶悪事件はあり、昔の方が残酷な事件は多いと言われており、若い女の子が傷つく事件も右肩下がりとなっているんです。
エロイプの犯罪を無くすために、1年中いかなる場合も、多くの人たちが対策を講じているのです。
むろん、今後はより捜査が全力で捜査し、ネットでの危険行為はかなりマシになるであろうと取り上げられているのです。

関連記事