エロイプそのものは諸悪の根源になると考えられる事の方が大半な筈なのですが出会いを提供しているサイトはインターネットの世界から無くなるどころかその数は多くなっている傾向にあります。
そう言った事から、まだネットの中身の本当の恐怖を知らない子供たちは、平気でエロイプのサイトにアクセスし、迷い込んでそのまま複数の被害者になってしまうのです。
年齢の制限や、掲示板利用の確認など、あらゆる制約があったとしても、まだまだインターネットの業界は、「未熟な侵入者」を許してしまう隙間があるままです。
出会い系と言う世界をインターネットから除く為にはまずこの幼い利用者たちを発生させない事を考えるのが大切です。
実行する為には先ずは出会い系の利用出来ないように工夫すること、そう言う教育を徹底していく事がエロイプの撃滅に繋がります。
初めから、ネットの世界の正しい使い方を両親が子供に教えていく事がしつけの一環にならない限り、子供たちは出会い系業者に騙されて道を外す事になります。
また、その状態が続けば、騙されていると気づかない子供たちが増加してしまえば、尚もって出会い系業者もその悪質な手口を拡散させるのです。
騙されるような人を消さない限り、エロイプを無くす事はありません。
エロイプを実行する年齢層はその人らしくないですが幅が広く、五十、六十になったとしてもエロイプを実行している人もいれば、十分とはいえない中学生であるにも拘わらず、年上の人の免許証を勝手に利用してエロイプに乱入するような問題点もあります。
また、年齢を規定するのはすごく難しい問題になりますが、またきっと、具体的な数字で考えると、ちびっ子からおじいちゃん・おばあちゃんまでの規模の人々が、エロイプという大人のやり方を働かせているのではないかと考えられます。
自明のことだが、エロイプは年齢を定めるルールがあるので、年齢の上限はありませんが、下は年齢は18歳からという明白なきまりごとがあります。
だからと言って、ワクワクが止まらない好奇な世代である十代は、やっぱり人に言われても知らない人同士の出会いに到達してしまう現状にあるのです。
このほか活用するグループは二十代前半が多くを占めていると予想されましたが、三十代や四十代の恋人がいそうな年齢の人たちも多く70代を超える奥さんのいない男性が実践しているシチュエーションも前々から当たり前になりました。
「事実的に、広い範囲のグループの年齢層がエロイプを運用してるの?」と目を白黒させるかもしれませんが、流行ったファッションやおもちゃのように熟年離婚による人生トラブルを抱える夫婦もいる今では、孤独や一人ぼっちの過酷さに耐えることができず、エロイプを気持ちの拠り所にする高齢者のグループがどうしても自然なことになっているのです。

関連記事