D(キャバクラで働く)「ブランドのカバンとかおねだりしたら一発じゃないですか?わたしってば他の人にも同じ誕プレ頼んで自分のプレゼントと売却用に分けるよ」
筆者「マジですか?贈り物売り払うなんて…」
D(ホステス)「言っても、全部取っとく人なんていないです。クローゼットに入れててもしょうがないし、流行だって変わるんだから、売り払った方がバッグだってうれしいっしょ」
国立大に通う十代E聞きたくないことかもしれませんが、Dさん同様、私もトレードしますね」
C(銀座のサロン受付担当)エロイプを活用してそういったお金儲けしているんですね。私は一回もプレゼントを売ったりとかはないです」
筆者「Cさんって、エロイプではどういう異性と直で会いましたか?
C「高級ディナーに連れて行ってもらった出会いはありませんでした。そろって、普段女の人と関わってなさそうで、おしゃべりなんて問題じゃないんです。わたしはですね、エロイプについては恋活のつもりでメールとかしてたので急に下品な話を出されてげんなりしました。
筆者「エロイプではどういった異性と知り合いたいんですか?
C「一番の理想は、なんですけど、医者とか法律関係の方とか国立大学にいるような出来のいい人を探しています。
E(国立大に在籍中)わたしはというと、国立って今通ってますけど、エロイプを見ていてもプーばかりでもないです。それでも、得意分野以外には疎い。」
エロイプの調査を通してわかったのは、趣味や嗜好に偏りの激しい男性を嫌悪感を感じる女性はなんとなく少なからずいるようです。
クールジャパンといって大分浸透してきたとかに思われがちな日本でもまだ一般の人には市民権を得る段階には言えるでしょう。

関連記事