エロイプをわざわざ使うと言うことは、新しい出会いを狙っているのは当然です。
そうすると、アプリを使った事によって、魅力的な出会いを手に入れることが色々と出てくるでしょう。
こうやって、女性との繋がりができれば、最後は直接会う約束をして少しでも距離を近づけたいでしょう。
そう思う人がいる一方で、エロイプでは出会いの成功はきつくなる、と思ってしまう人もそれなりにいます。
ですが、普段からエロイプを使う人では、こういった状態の男性もいて普通になっているのかもしれません。
エロイプを利用する男性は女性よりも多く、メールのやり取りが出来たようでも何度も繰り返すのは難しい事なのです。
そういった状況の中で女性にアピールし、どうにかメールの返信を手にした人が、出会いを見つけているのですね。
女性利用者としてはどのような方がこのエロイプで探せるのか、さらに気を引くメールが送れるかなども肝心なポイントになって来ます。
なるようにしかならない事が出会いでは関係してくる事になるので、とにかくどうにかなるとなるほど単純ではないのです。
だからといって終わりにせずにエロイプの使用を止めない人が、他の人よりもチャンスを掴む日々を送ることが出来るのでしょうね。
もちろん女性との出会いが最終目標ではないので、デートでこれまでの苦労を無駄にしないためにも、どこか良さそうな場所がないか様々なプランを検討しておきましょう。
問題のないデートが出来て女性も好意を持つようになれば、繰り返しデートに誘いやすいのです。
出会い応援サイトを使用している中高年や若者に問いかけてみると、大方全員が、人肌恋しいと言うだけで、短い間でも関係を持つことができれば別に構わないと言う考え方でエロイプに登録しています。
要するに、キャバクラに行くお金を節約したくて、風俗にかける料金も節約したいから、無料で使えるエロイプで、「手に入れた」女性でお得に間に合わせよう、と思う中年男性がエロイプのユーザーになっているのです。
他方、女の子サイドは異なった考え方を潜めています。
「どんな男性でもいいから、服も買ってくれて料理がおいしい人を彼氏にしたい。エロイプをやっているおじさんは確実にモテない人だから、中の下程度の女性でも思い通りにコントロールできるようになるわ!ひょっとしたら、タイプの人がいるかも、デブは無理だけど、タイプだったらデートしたいな。女性のほとんどがこのように考えています。
一言で言うと、女性は男性の容姿の美しさかお金が目当てですし、男性は「お金がかからない女性」を狙ってエロイプを活用しているのです。
どちらにしろ、できるだけお金がかからないお買い物がしたくて出会おうとしているようなものです。
結果的に、エロイプを役立てていくほどに、男は女を「売り物」として価値付けるようになり、女性もそんな己を「もの」として取りあつかうように考え方が歪になっていくのです。
エロイプにはまった人のスタンスというのは、女性をじんわりと精神をもたない「物質」にしていくような病的な「考え方」なのです。

関連記事