Webサイトを出会いの場として使う人々にお話を伺うと、ほぼほぼの人は、孤独でいるのが嫌だから、短い間でも関係が築ければ、別に構わないと言う見方でエロイプを選択しています。
つまりは、キャバクラに行く料金をかけたくなくて、風俗にかけるお金もかけたくないから、タダで使えるエロイプで、「手に入れた」女の子で安価に間に合わせよう、と思いついた中年男性がエロイプという選択肢ををチョイスしているのです。
他方、女達は全然違うスタンスを有しています。
「すごく年上の彼氏でもいいから、お金持ちで料理ができる彼氏が欲しい。エロイプのほとんどのおじさんはモテない人ばかりだから、美人とは言えない自分でも思いのままにできるようになるんじゃないの?可能性は低いけど、イケメンの人がいるかも、バーコード頭とかは無理だけど、顔次第では会いたいな。おおよそ、女性はこのように考えています。
つまり、女性は男性の外見かお金が目当てですし、男性は「安価な女性」を標的にエロイプを使っているのです。
どちらにしろ、あまりお金がかからないお買い物がしたくて出会いを渇望しているようなものです。
そのようにして、エロイプを使用していくほどに、男共は女を「商品」として見るようになり、女性も自分自身を「売り物」としてみなすように変化してしまうのです。
エロイプを用いる人の考えというのは、確実に女を意志のない「物質」にしていくような狂気的な「考え方」なのです。

関連記事