筆者「ひょっとして、芸能界で下積みをしている人ってサクラを同時に行っている人がいっぱいいるのでしょうか?」
E(某芸能人)「そうだと言いますね。サクラでの小遣い稼ぎって、シフト割と自由だし、俺たちみたいな、急にお呼びがかかるような職に就いている人種には正に求めているものなんですよ。不規則な空時間にできるし、経験の一つになるし…」
C(アーティストの一人)「経験の一つになるよね、女として接するのはすごく大変だけどこっちは男目線だから、自分の立場から言われたいことを相手に話せばいい訳だし、男性心理はお見通しだから、男性もやすやすとのってくるんですよね」
A(メンキャバ従業員)「意外にも、女の子でサクラの人はユーザーの心理がわかってないからぶっちゃけ的外れっすよね」
筆者「女性のサクラよりも、男がサクラをやる方が適しているのですか?」
D(芸能事務所関係者)「まぁ、そうです。秀でた成績を残しているのは大体男性です。といっても、僕なんかは女性キャラクターを演じるのが下手っぴなんで、いっつも激怒されてます…」
E(とある人気芸人)「お分かりの通り、うそつきがのし上がるのがこの世界ですからね…。女性になりきるのが思いのほか大変で…俺も苦戦しているんです」
ライター「女の子のキャラクターを作り続けるのも、相当苦労するんですね…」
女性役のどうやってだましとおすかの話で盛り上がる彼ら。
途中、ある言葉をきっかけとして、アーティストを名乗るCさんに視線が集まりました。

関連記事